キム・ヒョンジュン側 元彼女 虚偽の主張による名誉毀損..妊娠も嘘

歌手兼俳優キム・ヒョンジュン側弁護人が元ガールフレンドのA氏の虚偽の主張で
名誉が毀損されており娠の事実も嘘だと再度強調した。

ソウル高等裁判所第32民事部は11日午後2時20分 
キム・ヒョンジュンの損害賠償訴訟控訴審弁論期日を進めた。
同日 現場に参加したキム・ヒョンジュン側弁護人は
「Aさんは当時妊娠した事実がないにも関わらず 自分が妊娠をしたことを強調した」と明らかにした。

キム・ヒョンジュン側弁護人は
「この2014年10月のキム・ヒョンジュンとAさんが某産婦人科で会った当時
Aさんは突然キム・ヒョンジュンに金を要求し服を買って来いと要請したりもした」とし
以後 Aさんの通帳に現金130万ウォンも入金された」と当時の情況も説明した。

さらに「キム・ヒョンジュンはAさんの嘘に騙されたのに これを信じた」と明らかにし
「それでも まるでAさんがキム・ヒョンジュンの暴行によって流産し
妊娠中絶の関連資料を提出しキム・ヒョンジュンの立場でも強硬対応をするしかなかった」と答えた。

キム・ヒョンジュン側弁護人は
「Aさんの暴行による流産事実に関連したインタビュー内容が虚偽という部分も
去る6日 検察が出版物に対する名誉毀損で起訴された」と付け加えた。
さらに「軍入隊を控えているキム・ヒョンジュンは色々な問題で
名誉が すでに多く破損された状況だった。
芸能人として再起が可能か どうかが疑われるほどだった」と付け加えた。

先立って裁判部は1審でAさんとキム・ヒョンジュンが妊娠および暴行 暴行による流産 
流産強要に それぞれ異なる立場で鋭く対立したことと関連し
キム・ヒョンジュンの主張に手を挙げた。
以降 Aさんは現在 審判決を不服とし控訴状を提出した。

Aさんは2014年5月のキム・ヒョンジュンに暴行され子供を流産したと主張し
キム・ヒョンジュンを相手に暴行致死及び傷害容疑で告訴状を出したが取り下げたことがある。
以降Aさんは今年2015年4月 キム・ヒョンジュンに16億ウォン台の損害賠償請求訴訟を提起した。

一方 2015年5月に入隊したキム・ヒョンジュンは来る2月11日30師団の現役軍服務を終えて
満期除隊国防の義務を終える。

http://m.entertain.naver.com/read?oid=108&aid=0002583153







love-panda 上の

スポンサーサイト



キム・ヒョンジュン損害賠償控訴審 両側鋭い対立。長期戦予告(総合) | Home | キム・ヒョンジュンVS元ガールフレンド最初の控訴審から互角... 16億→7億請求金額の変更

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する