単独]キム・ヒョンジュン元カノA 検察に証拠操作首根っこ捕まえられた

去る1月6日検察が起訴したキム・ヒョンジュンさんの
元ガールフレンドAさんの公訴事実が知られている。
検察は当初 不起訴処分していた決定を覆し
キム・ヒョンジュンさんと刑事と民事訴訟で
法廷争いを繰り広げていたAさんを
「詐欺未遂」と「出版物による名誉毀損」の疑いで起訴した。
検察はAさんの捜査の過程でAさんが主張していた
5月暴行による流産と12月妊娠中絶の主張などが
すべて嘘であることを立証する証拠を確保したことが分かった。
Aさんは自分が主張した妊娠∙暴行∙流産についての
カカオトーク会話の内容のうち妊娠テストと流産 に関する
いくつかの詳細を削除するなどの方法で関連する証拠を
操作したことが明らかになった。
また Aさんが妊娠中絶を強要されたと主張していた事実も
妊娠すらしたことがなかったと嘘だと明らかになった。

Aさんは このように操作した証拠に基づいて
2015年4月7日 キム・ヒョンジュンさんを相手に
16億ウォンの損害賠償請求訴訟を提起したが
キム・ヒョンジュンさんがAさんの要求に応じず
むしろ反訴するなど積極的に対応しながら
Aさんは その旨を成し遂げず未遂にとどまり
Aさんは最終的に詐欺未遂という罪名で
被告人の身分で刑事法廷に立たされた。
また 検察はAさんはキム・ヒョンジュンさんが
自分の意のままに動かず
世論も自分に不利になり 6億の損害賠償請求訴訟を
提起することにとどまらず 2015年5月10日
某報道機関のオフィスでKBS記者などに操作した
カカオトーク会話の内容などを提供し
キム・ヒョンジュンさんの暴行で流産したという内容で
インタビューをし 2015年5月11日
KBSの朝のニュースタイムを介して
上記のインタビューの内容を発表することで
虚偽の事実を流布することにより
キム・ヒョンジュンさんの名誉を毀損したと判断した。
検察の調査の結果 Aさんが証拠を操作して意図的に
キム・ヒョンジュンさんの名誉を毀損し
数十億に達する損害賠償額を請求する訴訟を提起した
Aさんの意図と目的が明らかになっただけに
Aさんの起訴事実は今後の民事および刑事裁判に
どのような影響を与えるか関心が集中している。

http://mosen.mt.co.kr/article/G1110570142#imadnews











スポンサーサイト



[単独]キム・ヒョンジュン 元カノ詐欺未遂・名誉毀損起訴..3月30日初公判 | Home | [D-28] Confession - Kim Hyun Joong [Engsub]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する