キム・ヒョンジュン元彼女側「証拠 信頼性が高い..最高の専門家依頼」

歌手兼俳優のキム・ヒョンジュン(31)の詐欺未遂などの疑いで裁判に渡された
元ガールフレンドAさん側の弁護人が証拠資料採用と関連し「最高の専門家に依頼した」と強調した。

Aさんは17日午後 ソウル東部地裁刑事4単独審理で開かれた詐欺未遂の疑い3次公判に出席した。
この日Aさんと一緒に参加したAさんの弁護人は 
証拠の分析資料に同意することができないという検察の主張に反論し 
「検察が復旧できなかった部分を 私たちは もっと持っている。
検察が持っている証拠とは無関係に 
私たちの証拠が今回の裁判で重要な証拠になることを証明するだろう」と反論した。

この日 検察は「私たちが分析した資料によると 被告人側が提出した
妊娠テスト関連の写真4枚を復旧した結果 
私たちが確保した資料と同じ分析結果で見ることができない部分がある」と主張した。

これに対してAさんの弁護人は この日 証拠資料を分析した専門家に対して
「デジタル分析家で裁判所鑑定人で仕事をしていて 
デジタルフォレンジックの復旧プログラムの専門家」とし
セウォル号犠牲者の携帯電話のフォレンジック復旧作業を才能寄付した事があり
最高検察庁とNECでは 国立科学捜査院職員を対象に 携帯電話の修復作業関連の教育を実施している」と強調した。

Aさんは去る3月6日 詐欺未遂および出版物による名誉毀損の疑惑でソウル東部地検から起訴された。
Aさんは去る2014年5月 キム・ヒョンジュンに暴行を受けて子供を流産したと主張して
キム・ヒョンジュンを相手に暴行致死および傷害疑惑で告訴状を出して取り下げた。
以後 Aさんは去る2015年4月 キム・ヒョンジュンに16億ウォン大義損害賠償請求訴訟も提起した。
反面キム・ヒョンジュンは「Aさんが流産 中絶をしたという嘘で巨額を要求した」とし
Aさんを相互告訴した。

裁判所は 過去2016年8月 Aさんとキム・ヒョンジュンと関連した損害賠償請求訴訟1審の判決で
キム・ヒョンジュンの手を上げて
「Aさんがキム・ヒョンジュンに1億ウォンを支給せよ」という判決を下した。
Aさんは 判決に不服 控訴した。
しかし Aさんが詐欺未遂の疑いで起訴され
控訴審裁判所は「詐欺未遂の疑い裁判の結果を先に見た後 公判を継続する」と述べている。

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2017071716275322841&outlink=1&ref=https%3A%2F%2Fsearch.naver.com
スポンサーサイト
妊娠テスト写真置いて 検察vsキム・ヒョンジュン元彼女 証拠認定攻防(総合) | Home | 検察「キム・ヒョンジュン元ガールフレンドの証拠に同意できない部分がある」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する