[単独]検察 キム・ヒョンジュン元カノ詐欺未遂1審不服。最終的に控訴

検察が歌手兼俳優キム・ヒョンジュン(32)の元ガールフレンド Aさんの
詐欺未遂と出版物による名誉毀損1審の判決に不服 控訴した。

19日法曹界によると 検察は旧正月連休前日の14日に直接控訴状を提出した。
関係者によると 検察の今回の控訴は 旧正月連休期間などで行政処理が遅くなったという後日談。
先の事件を引き受けたソウル東部地裁刑事4単独は8日午前 Aさんの詐欺未遂や出版物による
名誉毀損の疑いの宣告期日を開き 合計罰金500万ウォンを宣告した。
裁判所は Aさんの詐欺未遂の疑いでのみ罰金を宣告し 出版物による名誉毀損容疑は無罪を宣告した。

以降 検察は直ちに控訴状を提出していなかった。
今回の裁判所の判決刑量は先に検察が結審公判で求刑した懲役1年4ヶ月の実刑より確実に低く
特に裁判所が被告人の詐欺未遂の疑いを有罪と認めながらも 
出版物による名誉毀損容疑は無罪を宣告したという点が注目された。

当時 裁判所は「二人の関係に参酌すべき事情があるように見えて 
被告人が原告との間で産んだ子供を一人で育てている点などを量刑を決める主な理由として見た」と
明らかにした。
以降 検察が 最終的に控訴状を提出して2審でさらに熱い法的攻防が続くものと予想される。
また キム・ヒョンジュンとAさんの16億の損害賠償訴訟2審もどのような影響を与えるか注目される。

キム・ヒョンジュンは去る2014年5月Aさんから
「暴行を受け 子供を流産した」と暴行致死と傷害の疑いで訴えられた。

以後 Aさんは この告訴を即刻取り下げたが 過去2015年4月キム・ヒョンジュンに
16億ウォン台の損害賠償請求訴訟を提起し
キム・ヒョンジュンは 「Aさんが流産 中絶をした嘘で巨額を要求した」と
Aさんを相互控訴し法的戦いに突入した。

1ラウンドはキム・ヒョンジュンの勝利で終わった。
裁判所は 過去2016年8月 Aさんとキム・ヒョンジュンと関連した損害賠償請求訴訟1審の判決で
キム・ヒョンジュンの手を上げた。
「Aさんがキム・ヒョンジュンに1億ウォンを支給せよ」という判決を下した。
Aさんは 判決に不服 控訴した。
ここでAさんが 過去2017年1月に詐欺未遂や出版物による名誉毀損の疑いで起訴され
1審宣告につながっている。


http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2018021910141245445&outlink=1&ref=https%3A%2F%2Fsearch.naver.com
スポンサーサイト
キム・ヒョンジュン ボリビアからチリへ | Home | キム・ヒョンジュンvs前カノ法廷争い続く。検察 控訴状提出

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する