4年法廷攻防 キム・ヒョンジュンの今

昨年1月  歌手兼俳優キム・ヒョンジュンに対する詐欺未遂疑惑などで起訴された
元ガールフレンドAさんが 最近 裁判所から いくつかの有罪判決を受けた。
4年近く Aさんと真実攻防を繰り広げ 名誉回復のために努力してきた
キム・ヒョンジュンの近況と心境を家族に直接聞いた。

歌手兼俳優のキム・ヒョンジュン(32)に子供を妊娠したと だまし巨額を得ようとした疑いなどで
裁判に渡された元ガールフレンドAさんの宣告公判が2月8日午前 ソウル東部地裁で開かれた。
この裁判は キム・ヒョンジュンとAさんが繰り広げた真実攻防 第2ラウンドの勝敗を決める席だった。

1ラウンドは 2015年4月にAさんがキム・ヒョンジュンを相手に提起した
損害賠償請求訴訟(民事訴訟)であった。
当時Aさんは 2014年5月キム・ヒョンジュンに暴行を受け 子供を流産したと主張し 
精神的被害などを理由に 16億ウォン台の損害賠償を求めた。
しかし 2016年8月には 1審裁判所は 
「Aさんの主張を事実として認定するほどの証拠が不足する」と棄却理由を明らかにして
「むしろ Aさんが事実ではない内容でメディアとのインタビューを進行して
キム・ヒョンジュンの名誉が毀損された点が認められる」とし
「Aさんがキム・ヒョンジュンに1億ウォンを支給せよ」と判決した。
Aさんは これを不服 控訴したが 2審裁判所はAさんがキム・ヒョンジュンに対する
詐欺未遂などの疑いで起訴された刑事事件の判決以後に先送りした。

昨年1月にAさんは キム・ヒョンジュンとやりとりした
モバイルメッセンジャーのメッセージの一部を操作して 虚偽の妊娠で
キム・ヒョンジュンから巨額を得ようとした詐欺未遂容疑などで起訴された。
検察は これと関連し 1月22日結審公判で被告人Aさんに懲役1年4ヶ月を求刑した。
検察が自宅を家宅捜索して見つけたAさんの携帯電話では Aさんが妊娠に関連した
モバイルメッセンジャーのメッセージを削除した点 
妊娠テスト機の写真の任意の操作と合成が見える点 
キム・ヒョンジュンに初めて送信した妊娠テスト機の写真の撮影内容がないこと
妊娠テスト機の写真を二番目送信する前 インターネットで妊娠と妊娠テスト機の写真を検索したこと
病院でも妊娠が確認されていない点 2014年5月に暴行流産が虚偽であるのに
メッセージなどの操作で損害賠償請求訴訟を提起して積極的に対処して未遂に終わった点
Aさん自身 2014年10月の妊娠を虚偽(詐欺未遂)と認めた点などを その理由に挙げた。

元カノ 詐欺未遂の疑いの一部を認めて

判決を引き受けたソウル東部地方裁判所 刑事4部(部長判事イグァンヨン)は
2月8日 Aさんの詐欺未遂容疑の一部を有罪と認めに5百万ウォンの罰金刑を宣告した。
裁判所は Aさんが検察の調査で自ら
「2014年10月キム・ヒョンジュンの子供を妊娠したが 
キム・ヒョンジュンの強要のため中絶した」と述べた部分が虚偽であることを認めて
関連真実を隠蔽しようとした点を有罪と判断した。
ただし「2014年5月にキム・ヒョンジュンの子供を妊娠して暴行を受け流産した」は
Aさんの主張に疑問の余地はありますが その主張が明らかに虚偽と見るには難しいと見た。
また 「Aさんが妊娠の事実がないことを理由に「無月経」診断書を受たのに
暴行流産という虚偽の事実でインタビューをしたのは 
誹謗を目的とした明白な虚偽事実適時に該当する」と主張した検察とは異なり
Aさんの出版物による名誉毀損容疑に対して無罪を宣告した。
裁判所は 事件全体で有罪になった部分が占める割合は 被害者と被告人の関係 犯行経緯
Aさんが初犯であり 2015年9月にキム・ヒョンジュンの子供を出産して一人で育てている点などを
量刑に考慮したと明らかにした。


今回の判決でキム・ヒョンジュンは Aさんが控訴した
16億ウォン台の損害賠償請求訴訟の2審で優位に立った分析が出ている。
法曹界の人々は 「Aさんが損害賠償請求訴訟2審で勝訴するには
裁判所がAさんの「暴行遺産」の主張を明白な事実として受け入れるべきなのに
刑事裁判でも その主張に「疑いの余地がある」と判断した点は
Aさんに不利に作用することができる」と予想した。

4年近く行われた真実攻防を通じてキム・ヒョンジュンは 世間の厳しい目で比較的自由だった。
彼加害者ではなく 被害者に見る人が多くなったためだ。
2015年5月 軍入隊前までキム・ヒョンジュンは 地獄のような時間を過ごした。
2016年 16億ウォン台の損害賠償請求訴訟1審が終わった直後 
彼の父は 「女性東亜」との単独インタビューで 
「ヒョンジュンが軍隊に行って我を忘れて過ごすので いっそ幸いだという気がする」として
「軍隊に行く前 ヒョンジュンは いつも真っ暗な部屋いた。
外に出て行くこともできなくて ご飯も食べられず お酒一杯飲んで倒れて寝た。
精神的ストレスと恐怖感が極に達してパニック障害の症状を見せたり 帯状疱疹も病んだ」と
明らかにしたことがある

キム・ヒョンジュンは ワールドツアー中

最近  彼の健康状態がどうか 家族に尋ねた。
キム・ヒョンジュンの母は2月6日 記者との電話通話で
「まだ心が良くない。ヒョンジュンの健康は大丈夫」と伝えた。
2月9日 通話が行われたキム・ヒョンジュンの父は
「ヒョンジュンは以前ほど落ち込んではないが 
これまで多くの傷を受けて 以前のように過ごせない。
これから残りの法廷攻防(損害賠償請求訴訟2審など)も 
うまく解決されると良いだろう」と打ち明けた。



昨年2月に満期転役したキム・ヒョンジュンは4月のファンミーティングに続き 
12月に高麗大ファジョン体育館で開かれたソウル公演も成功裏に終えた。
また ソウル 釜山 大邱 大田でファンサイン会も行われた。
現在は ワールドツアーを続け ファンたちに会っている。
キーイーストの関係者は 
「ファンは これまでキム・ヒョンジュンさんの話を最初から堅く信じた」とし
「キム・ヒョンジュンさんが昨年11月にミニアルバム「ヘイズ(HAZE)」を発表したことも
大変な時間を一緒に乗り越えてきたファンたちに感謝の気持ちを伝えるためだった。
だから直接作詞 作曲 編曲まで参加し落ち着い心で作業に臨んだ」と耳打ちした。


アルバム発売前からコンサートの準備に没頭してきたというキム・ヒョンジュンは 
2月13日、南米3カ国ツアーのために出国した。
南米ツアーは2月17日ボリビア 、20日チリ 28日メキシコで行われる。
3月4日には 日本の東京NHKホール 18日に日本の大阪オリックス劇場で公演が開かれる。


http://woman.donga.com/3/all/12/1238096/1
スポンサーサイト
キム・ヒョンジュン LINEブログ更新 | Home | 【今日の芸能ぱんぱん]キム・ヒョンジュン 日本ツアー開始 「現地 関心集中」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する